実践型「フリートーク」で基礎力強化!会話力アップ!

2018/06/27

中国語や韓国語など英会話以外の言語にも「フリートーク」のレッスンがあることはご存知ですか?


今回は、韓国語のフリートークレッスンについて、韓国語講師トレーナー、趙ソンスク先生からのアドバイスを交えてご紹介させていただきます。


「フリートーク」は、これまで学習された基礎知識をもとに、話す練習を積み重ねていくことで、テンポよく自然な会話ができることを目指す実践型のレッスンです(Level 2 基礎まで受講された方が対象)。


下記の「受講の組み立てプラン」でご紹介するご受講生様のように、通常のレッスン(インプット)とフリートーク(アウトプット)を合せて受講していただくと、文法や語彙の復習強化にもなり効果的です。

 

●受講の組み立てプラン

主婦、B子さんの場合(ECC外語学院にも通学)

[言 語] 韓国語
[プラン] 月2回(+5回)
[受講数] 平均で月4~5回、オンラインレッスン受講+通学受講

1週目・「初級A」 第3課
2週目・・「実践」(トピックは順不同)
3週目・・・「初級A」 第4課
4週目・・・・「フリートーク/テーマ」×2回


●韓国語講師トレーナー:趙ソンスク先生よりアドバイス

“週1回の受講ペースは是非、心がけてください。基本「入門」や「基礎/実践」「初級/実践」など受講する場合は予習と復習は鉄則です。
しかし「フリートーク」を受講される場合は肩のチカラを抜いて、今覚えている内容を実践で使ってみる!といった気持ちで取り組んでみてください。
B子さん、フリートークは予習・復習に時間を掛けなくてもゲンチャナヨ~”


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

趙ソンスク先生のアドバイスのように、フリートークレッスンは、肩のチカラを抜いて、実践で使ってみる!という気持ちで受けていただけるので、是非ご受講ください。

 


<フリートーク予約の取り方>


「レッスン」の箇所→ご自身のレベルを選択
「テキスト情報」→『実践』『トピック』から選択。
または、レベル選択の際に『フリートーク』を選択。
(言語により表記が異なります)


<追加受講のとり方について>

お申込みプランに(+5回)とあるのは、基本回数にプラスして、当月内で最大5回まで追加受講が可能です。
基本回数が月2回プランの場合、最大7回まで受講することができます。
(追加料金要)


追加受講の方法は、基本回数のレッスンを終えた後、予約をして受講するだけです。別途お申込み手続きの操作は不要です。追加受講分の受講料は、受講期間終了後に決済されます。

詳細はこちらから

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

月々で受講回数を増やすこともできますので、是非、定期的にレッスンをご受講ください。

各言語学習フローについてはこちらから


みなさまのご受講をスタッフ・講師一同、心よりお待ちいたしております。

※当コンテンツは 2018/06/27 現在のものです。