information


 

こども英会話はこうやって学習しよう!
こども英会話、1回のレッスンの学習フロー
こども英会話のレベル構成

●こども英会話コースの対象年齢は小学1年生以上です。

●こども英会話にはLevel 1(入門)、Level 2(初級)、Level 3(中級)、Level 4(上級)のレベルがあります。

●初級、中級、上級はそれぞれ2つのレベル構成になっています。同じレベル内の2つの構成では難易度に違いはありません。

●BW,BY,BZ,CO,CP,CC,CBの全7レベルのテキスト教材はECC外語学院でも使用されています。ECCオンラインレッスンではそれぞれのレベルにおいて、48ユニット(A:基本、B:復習合わせて96回のレッスン)構成になっています。

●1週間に一度のペースで受講すると、およそ1年間でひとつのレベルの基本レッスンをすべて受講することができます。さらに理解を深め、定着をはかるために復習レッスンも受講して頂くことをお勧めします。

●各レベルの48ユニットにはそれぞれAとBがあります。AとBを合わせるとユニット数は96になります。Bは復習用に用意しています。受講回数を多くご検討いただける場合は、Bのレッスンもご受講することで理解度を深めて頂けます。

●レッスンは好きなユニットを選択して受講することができます。各レベル第1課から順番に受講することをお勧めしますが、お子様の理解度やご希望に合わせてお好きなユニットをご受講頂けるようになっています。

レベルチェックを使用すると、受講レベルの目安を確認することができます。

こども英会話のレベル構成

 

<入門> 英会話の第1歩!

最も基本的なアルファベットの読み方から、ひとつひとつ学習したいお子さまにおすすめです。


<初級> 文法の基本を学ぶ!

Be動詞や一般動詞の現在形、現在進行形やcanを使った英文を理解できるお子さまにおすすめです。


<中級> 文法の応用を学ぶ!

初級の内容に加えて、一般動詞の過去形、比較級、疑問詞を使った文がわかるお子さまにおすすめです。


<上級> より高度な会話表現を学ぶ!

中級の内容に加えて、経験を現す現在完了形の文がわかるお子さまにおすすめです。

こども英会話、予習について

●レッスンの予習は、レッスン開始の30分前から行うことができます。例えば16:00に予約をしている場合、15:30から予習が可能です。

●予習の画面へ入室し、左側のリストにあるVocabularyやTargetなどをクリックすると各ページが表示されます。(図1)

●各ページで再生ボタンがある場合はクリックして音声を聞き、リピートしましょう。イラストの単語やフレーズを英語で覚えましょう。

●例えばりんごが3つのイラストは「りんご」ではなく、「apples」と覚えます。(図2)

●文も音声を聞いて、リピートしましょう。レッスン中には講師とAとBのパートに分かれて会話のキャッチボールを行います。どちらの文もスムーズに声に出せるように予習しましょう。(図3)

●再生ボタンがないページは内容を確認しましょう。

●テキストオプションを申し込んでいると、この予習コンテンツをいつでもご覧いただけます。レッスン前に予習時間を作れない場合は、テキストオプションで予習を行ってください。

●予習を行わずにレッスンを受講することも可能ですが、レッスンを難しく感じるかもしれません。楽しく効果的に英会話学習を進めるために、ぜひ予習されることをお勧めします。

こども英会話、予習画面図1

 

こども英会話、予習画面図2

 

こども英会話、予習画面図3

 

 

こども英会話、テキストについて

●テキストオプションを申し込むと、「予習」コンテンツ以外に、「テキスト」コンテンツ(以下、テキスト)をご利用いただけます。

●全7レベルのテキストが用意されていますが、レッスンユニットによっては該当のテキストページがないものもあります。

●テキストはレッスンの復習として活用いただけます。ECCオンラインレッスンではホームワーク・宿題はありませんが、ご家庭で自習・復習を行っていただくことで、より英会話学習の効果があがります。

●テキストには音声が含まれています。イラストをクリックまたはタッチすることで音声が流れますので、聞いてリピートしましょう。意外なところに音声が隠れている場合もあるので、頑張って見つけてみましょう!

●テキストは入門・初級レベルと中級・上級レベルで構成が異なります。

各レベルのテキスト構成についてこちらをご覧ください。

 

テキストオプションのお申込み方法はこちらをご覧ください。

こども英会話、テキスト画面
こども英会話、テキスト画面

サイト内検索